エプソン MOVERIO BT-200AVを6ヶ月モニターで使ってみた感想

MOVERIO

スポンサーリンク

MOVERIO

今年2015年の3月から、6ヶ月にわたってエプソンのスマートグラス「MOVERIO BT-200AV」という商品をモニターさせていただきました。その間にこのブログで書いた記事と、モニターの感想をまとめておきたいと思います。

今回のモニターで「MOVERIO BT-200AV」について書いた記事

は、以下になります。興味がある方はクリックして読んでみてください。

エプソンのスマートグラス「MOVERIO」体験イベントに参加 | ねんざブログ

MOVERIOでnasne(ナスネ)の動画が意外とかんたんに観れた | ねんざブログ

エプソンのスマートグラス「MOVERIO」、「お笑い」と相性が良い気がする | ねんざブログ

スマートグラス「MOVERIO」でKindle本を読んでみる | ねんざブログ

スマートグラス「MOVERIO」で動画を見ながら筋トレ | ねんざブログ

スマートグラス「MOVERIO」 で「スプラトゥーン」はやめといた方がいい | ねんざブログ

モニター期間中、実際にどういうふうに使っていたかというと、主にnasneの動画をベッドで寝ながら観ることに使っていました。これが一番しっくりきた使い方でした。

BT-200AVの課題

装着感の改善

これは他のモニターの方も口々に言っていることなのですが、装着感があまりよくなかったです。
普通のメガネのように、耳にかけて、鼻の部分で本体を支える作りなので数十分もかけていると、耳と鼻の部分が痛くなってしまいます。

利用中にグラスがズレてしまったりして、視界が安定しない点も良くなかったです。

なので、ベッドに寝転がって寝ながら動画を観る、という使い方が多くなってしまいました。これだと耳も鼻も痛くならなかったからです。

が、そもそもプロジェクターで天井に投射してもいいし、他のヘッドマウントディスプレイでも良いわけなので、MOVERIOを有効活用した、という感じでもありませんでした。

インターフェースの改善

MOVERIOは本体からケーブルで繋がったタッチパッドで操作を行いますが、この操作が非常にやりづらかったです。
検索したり、パスワードを入力するシーンで、文字入力がたいへんで、途中でやめてしまうこともありました。
オプションというか、Bluetoothキーボードを接続するとなんとかなるのですが、そうでない基本のインターフェースが使いやすくなったらいいなあ、と思います。

ソフトの充実

MOVERIOは、Androidベースですが、GooglePlayが利用できず、アプリは「MOVERIO Apps Market」にあるアプリしか基本的には利用できません。(通常のAndroidアプリをバックアップして移行するとか抜け道はありますが)

そのため、なかなか自分が使いたい、というアプリに巡りあうことができませんでした。MOVERIOで利用できる、便利な面白いコンテンツの充実が必要かな、と思います。

とはいえ

野球の試合を観ながら、翻訳や付随情報を表示したりするのにMOVERIOを使うなど、面白そうな試みも徐々にでてきたようなので、今後の使い方の提案を楽しみにしてみたいとおもいます。

貴重なモニターの機会を提供していただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

MOVERIO