ぼくがトイレを気持ちよく使うために心がけている小技

トイレ

スポンサーリンク

トイレ
オフィスのトイレや公衆トイレなどで、トイレの個室に入ったときに、前の人が流してないなんてのは論外ですが、汚れたままのトイレだとガックリきますよね。

他に空いている個室があれば、いま開けたドアをそっと閉じて、別の個室に入る、なんて方もいるんじゃないでしょうか。お食事中の方はブラウザをそっ閉じしてください。

トイレのお話なので。


トイレ

運悪く入ったトイレが汚れていたら不快なので、自分が使うときにはキレイに使うように心がけてはいます。

しかし、最近の便器は汚れにくいように向上しているとはいえ、どうしても汚してしまうことってありますよね。もし汚してしまった場合は、トイレットペーパー等でキレイに掃除して出るようにはしているのですが、そもそも汚れないようにするほうがいいんじゃないか、と思って心がけていることがあります。

便器の中にトイレットペーパーを敷く

やっているのは、用を足す前にトイレットペーパーを便器の中に敷いてしまう、ということです。

トイレ
※写真はちょっと大げさすぎました。もっと少量でいいとおもいます。

こうしてから用を足せば、便器の中は汚れにくくなります。終わったら普通に流すだけ。もちろん完全に汚れない訳ではありませんが、確実に効果はあります。

「紙がもったいない!」という意見もあるかもしれませんが、汚したら汚したで、紙や水や洗剤を使って掃除しなければいけない訳なので、汚さないようにした方がいいんじゃないかな、と思っています。

洋式トイレでも和式トイレでも使えるテクニックなので、お気に召しましたらぜひためしてみてください。

また、「わたしはこういうことを心がけている!」とか、よいテクニックがあれば、ぜひおしえてくださいね。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

トイレ