「ボージョレ」ではなく「ボジョレー」ということに決まりました

ボジョレーヌーボー@豚組しゃぶ庵ボジョレーヌーボー@豚組しゃぶ庵 / yto

本日、11月21日は、「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日です。すでに飲まれた方もいるかもしれませんね。

ここ数年、メディアなどで取り上げられる際は、「ボジョレー」だったり「ボージョレ」だったりと表記が揺れています。
いったいどっちが正しいのか?というのが気になってしまいます。

この由々しき問題についてとりあげているインターネット上の記事も散見されますが、「好きなように呼べばよいのでは」と結んでいたり、結局、答えが出ていません。

誰も「これが正解」と言わないので、何の権利もありませんが、ぼくがいま、勝手に決めたいと思います。
決まってた方が、迷わなくて、いいでしょう?

はい、ではみなさん。

「ボージョレ」じゃなく、「ボジョレー」で統一しましょう。
いま、ぼくが勝手に決めました。

よろしくお願いいたします。

どうして「ボジョレー」にしたか理由もあるので、それを書きます。

理由その1:検索ヒット数が多い

Googleさんで、「ボージョレ」、「ボジョレー」のそれぞれの単語で検索してみました。

000

結果、2013年の解禁日、現時点では

「ボジョレー」・・・約2,900,000件

「ボージョレ」・・・約1,410,000件

とダブルスコアでボジョレーの勝ちです。

来年以降はまた変わるかもしれませんが、2013年は「ボジョレー」の勝ちだと思います。

理由その2:いいやすい

「ボージョレ」の方がフランス語の発音には、近いらしいです。
が、「ボジョレー」と「ボージョレ」だと、「ボジョレー」のほうがいいやすいです。いいやすくないですか?
あれ、ぼくだけですかね。

理由その3:さんざん「ボジョレー」って言ってたじゃん?

みなさん「ボジョレー・ヌーボー」の存在を知ったとき、「ボジョレー」じゃなかったですか?
「ボージョレ」じゃなかったとおもうんですよね。だからもう、「ボジョレー」でいいじゃないですか。
ちなみに、ぼくがその存在を知ったのは、1989年です。小学生でした。
週刊少年ジャンプの「こち亀」の中に「ボジョレー狂騒曲の巻」という回があったのです。
単行本だと、67巻に収録されています。

もう、そのときから20数年、「ボジョレー」です。

「トマト」だって、「トマト」じゃないですか。
正しくは「トゥメイトゥです」って言われても、抵抗あるでしょう?

と、いうことで、「ボージョレ」ではなく、「ボジョレー」ということに決まりましたので、よろしくお願いいたします。なにとぞ。