上五島町の民宿 えび屋 にて新鮮な魚介とかを堪能 #長崎しまレポーター

スポンサーリンク

しまを体感!レポート企画 新上五島町コース

新上五島町の旅、一泊めは、民宿えび屋さんに宿泊させていただきました。

民宿 えび屋

民宿えび屋 五島列島の宿

初日は東京からの移動もあってつかれたなー。

民宿えび屋 入り口
事前に、民宿ときいて想像していたものよりかなりオシャレな感じでした。

えび屋のお部屋
ぼくらがとまったお部屋。男三人での宿泊には十分すぎる広さだし、なんだかかっこいい和室。

テーブル
テレビやテーブルなどの他に、写真左手に鏡台が。女性はうれしいかも。

魚
なんか魚もいました。

あとガジェットをたくさん持ち歩いているブロガー集団的に嬉しかったのは、電源のコンセントがたくさんあったこと。
この部屋の中に2口×5以上はあったかも。
コンセントのとりあいにならないように、たこ足タップも用意していたのですが、使わずにすみました。

えび屋の晩ごはん。

そして旅の楽しみといえばごはん。待ちに待った晩ごはんです。
座敷に用意されてるとのことなので腹ぺこで向かった先に、どーんと。

えび屋 晩ごはん
お刺身やらお肉やら。

これに、

えび屋 煮魚
でっかい煮魚!

えび屋 ごはんとお吸い物
ごはんとお吸い物。これは、鯛の塩汁、だっけ。

がついてきます。

えび屋 お刺身
小鯵のお刺身。

えび屋 五島牛
五島牛。はじめて食べたなー。

えび屋 つぼ焼き
つぼ焼き。

えび屋 フルーツ
フルーツ!

などなど、ぱくぱくたいらげていきます。
プリップリのお刺身、煮魚がとくにおいしかった。
やっぱり、しまは魚がおいしいなー。

ごはんをたべた後は、お風呂でさっぱりしてから、部屋に戻ってみんなで一杯。
いや、いっぱいどころじゃあなかったか。

厨房でお酒を出せるのが22時までだということだったのですが、「冷蔵庫空けとくから、勝手に持っていっていいです。あとで飲んだ分だけ申告してね」という宿の方のご厚意。
「しまでは犯罪が少ない」「留守でも鍵をかけない」と聞いていたのですが、こんなところでもしまっぽい感覚を味わいました。
ちなみに、犯罪が少ないのは、「しまだから用意に逃げられない」からだそうです。
ご厚意に甘えて、ビールや日本酒をたらふく飲んで、ぐっすり寝ました。

そしてお刺身つきの、朝ごはん。

翌朝、最初のイベント、朝ご飯。
えび屋 朝ご飯
バランスの良い、朝ごはん。朝からお刺身まで。
おみそ汁もおいしかったなー。

と、こんな感じで、旅の1泊目は、民宿えび屋さんにお世話になりました。
このクオリティで、1泊2食付き1人6,800円とか安すぎてまたびっくりです。

また上五島にあそびにきたら泊まりたいなー。
民宿えび屋さん、ありがとうございました。

さて、疲れを癒したところで、2日目もいろいろまわりますよー。

つづきます。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。