はじめての東京開催!鷹の祭典 2012 in 東京ドーム に行ってきた

ぼくは、出身が福岡です。

そして、福岡に、ダイエーホークスがやってきてから、プロ野球はホークスファン一筋。

セ・リーグよりもパ・リーグ派。

ソフトバンクホークスは近年、公式試合で「鷹の祭典」というイベントを行ってきました。
今回、2012年の7月2日に、東京でもはじめて「鷹の祭典」が開催されるということで、いってきましたよ。

スポンサードリンク

ちょ、みてっちゃ。めっちゃならんどるばい!

いくぜ!鷹の祭典 2012 In TOKYO DOME
試合開始は、18時。はりきりすぎて、ぼくひとり1時間前くらいに到着したのですが、東京ドームの周辺は、鷹の祭典のノボリがたくさんたっていました。

いくぜ!鷹の祭典 2012 In TOKYO DOME
東京開催ははじめて、ということだからでしょうか。
入場ゲートは大混雑。昨年、日本一にもなったこともあって、東京でもけっこうホークス人気ありますねえ。

いっしょにいった友達が仕事の都合でプレーボールに間に合わなかったので見れなかったのですが、ソフトバンクモバイルのCMにも出演している、トリンドル玲奈さんによる始球式がおこなわれたようです。みたかったなー。

ユニフォームとフラッグがもらえるとよ

いくぜ!鷹の祭典 2012 In TOKYO DOME
鷹の祭典では、入場者全員に、ユニフォームのレプリカが配られます。
今年のカラーは緑。今回、ユニフォームとフラッグが配られました。

しかし、対戦相手のライオンズのファンにまでユニフォーム配っちゃうのは、相手チームのファンに対して若干配慮に欠ける気もしましたが、ホームゲームというのは、そんなものなのですかね。

いくぜ!鷹の祭典 2012 In TOKYO DOME
ぼくらは、外野指定席に陣取って応援しました。
外野は超満員で、内野席はちらほら空席が見えますが、ホークス史上最高の観客動員数だったとか。(7月2日時点)
たしかに盛り上がりかたがハンパなかった。

試合はみごとホークスの勝利!

いくぜ!鷹の祭典 2012 In TOKYO DOME
試合は、岩嵜投手の気迫のピッチングと松中選手のホームランなどで4-1と見事の勝利。
湧き上がるスタンド。

いくぜ!鷹の祭典 2012 In TOKYO DOME
試合終了後、選手たちが車でスタンドに挨拶したり、ヒーローインタビューがあったり。

と、ここで突然スペシャルゲストが登場!

いくぜ!鷹の祭典 2012 In TOKYO DOME
福岡出身の、藤井フミヤさん。
ホークス公式ソング「勝利の空へ」を生熱唱です。


いくぜ!鷹の祭典 2012 In TOKYO DOME
そういえば、入り口でペンライトをもらったとですよ。

いくぜ!鷹の祭典 2012 In TOKYO DOME
ドームの中が暗くなって、花火が打ち上がり、みんなでホークス公式球団歌「いざゆけ若鷹軍団」を歌いました。
「いざゆけ若鷹軍団」はダイエーホークス時代から使われていて、福岡県民、福岡出身のひとなら野球知らなくてもたいてい歌えるほどメジャーです。(ただし一番に限る。)

いくぜ!鷹の祭典 2012 In TOKYO DOME
ここでペンライトが活躍。なるほどねー。コンサートか何かのよう。

はしゃぐオジサンたち
↑テンションあがってはしゃぐオジサンたち。

勝利したのも大きいですが、鷹の祭典 ユニフォームも貰えて生歌も聴けて応援で一体になって、めちゃくちゃ楽しかったです。

来年もドームでやるならぜひ参加したいと思います。