東MAXの粋なはからいと欽ちゃんの返しがステキすぎて、ほっこりするはなし。

スポンサーリンク

4862058477

2012年06月12日放送の「爆笑問題 爆笑問題カーボーイ」にて、新コーナー「この人を上手に叱ろう」の紹介の中での話。

「下町のプリンス」「東MAX」こと、Take2の東貴博さんが、安めぐみさんとの結婚に際し、欽ちゃんこと萩本欽一さんとのエピソードを話していて、すごくいい話だなあ、と思ったのでテキストにてご紹介します。
東さんは欽ちゃん劇団出身なのでいわゆる師匠と弟子の関係ですね。
(以下、敬称略。)

田中:「東MAXは、まあ、あー、有名人で、逆にこう、上手に叱りたいっとおもうようなひといます?」

東MAX:「もう、チャン欽しかいないっしょ、そんなの・・・」

全員:「ちゃんきん笑」

太田:「ちゃんきんって呼んでんのおまえ?笑」

田中:「ちゃんきん上手に叱ってくださいよー」

太田:「だ〜めだよ〜(欽ちゃんのモノマネ)」

太田:「お〜まえ〜こそだ〜め〜だよ〜」

田中:笑

東MAX:「あんな、テレビとかでひと良さそうに見えるじゃない?これね。ねぇ。また欽ちゃん、といえばやさしいひとみたいな・・・」

田中:「いやいや、そりゃだって・・・やさしいじゃない?」

東MAX:「実はめんどくさいっちゃ、めんどくさいんだよ」

一同:あはははははは爆笑

太田:「ダメ出しが多い」

東MAX:「だからほんとにね、ほんとに、ダメ出しが多い長いってのは有名なんですけど、またあの、華やかな場所が得意じゃないんですよ。やっぱりね。シャイだから。だから結婚式、ぼくは浅草でやりましたけど、ね。
欽ちゃんは他の芸能人がいたりとか、あんまりにぎやかなところが苦手だから、いきたくない、っていうわけですよ。
でもぼくとしては師匠だし、父親的存在だから、きてほしいじゃないですか。だから欽ちゃんだけ家族婚に呼んだんですよ」

太田:「へ〜」

田中:「家族だけのやつね、披露宴じゃなくてね」

東MAX:「でね、披露宴はね最初からいかないっていってたんですよ。
でも、おれは、その欽ちゃんにはどうしてもきて欲しいから、どうしたらくる気になるかな、とおもって招待状をね、みなさんにだしたじゃないですか。」

爆笑問題:「うんうん」

東MAX:「欽ちゃんにだけ、あの、合格通知書ってのをだしたんですよ」

太田:「おおーーシャレてんじゃない!」

田中:「ほう。欽ちゃんが、やりそうなことですよね」

東MAX:「あのー、ホテルに作ってもらって、そこに『先日、浅草伝法院で行われました東家父親役オーディションに合格したことを通知いたします』」

太田:「おぉぉ!?かっこいい!いい話や!ええはなしやー。ほんで、どないしたん?」

田中:「なんで関西弁なんだよ!急に!」

東MAX:「当日は、燕尾服、車代、ご祝儀・・・」

太田「仮装大賞だ!」

田中「仮装大賞じゃねーよ!」

東MAX:「『燕尾服、車代、ご祝儀、すべて、自前になります。父親として恥ずかしくないだけ持って、お越しください』と、出したわけですよ。それから二週間くらい経って、つい何日かまえですよ。ぼく、欽ちゃん家にいって、ね、いきなり『おめでとうございます!』」

太田:「合格おめでとう!っってことだね」

東MAX:欽ちゃん『ん〜、うかっちゃったかー。う〜ん、うかっちゃったか〜。あれよかったかー。もう〜しょうがないなあ〜』つって。
普段だったら絶対行かないのに、来ることになったんですよ。」

太田:「うわー、いい!いいはなしじゃねーかよー!」

っというような流れエピソードをきいてほっこりしました。
東さんの粋な計らいと、欽ちゃんの返し。

お二人の関係、ステキじゃないですか。

このエピソード、PodCastでも配信されています。(JUNK 爆笑問題 カーボーイ
2012年6月12日分)

音声を書き起こしてみましたが聞き間違ってたり、うまく表現できていないところもあると思います。
テキストよりも、もっと雰囲気が伝わると思いますので、ぜひ実際のラジオの会話をきいてみてください。
ほっこりしますよ。(27分10秒くらいからこのエピソードです)

下町のプリンス 東MAXが教える 東京スカイツリー下町完全ガイド (アース・スターブックス) [単行本(ソフトカバー)]
4803003300 ニセ坊っちゃん (幻冬舎文庫) [文庫]
4344417720

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。