ズボラ男でもかんたんおいしい、ほぼペペロンチーノ。【手抜きごはんレシピ】

スポンサーリンク

ほぼペペロンチーノ できあがり。
ぼくはひとりぐらしで、たまに料理もします。
でも、自分ひとりでたべる料理は、手抜きがちになります。

さて、インターネットで検索をすると、いろいろと「かんたんレシピ」が見つかります。
でも、それは主婦の方だったり普段、料理をやりなれているひとにとってかんたんであって、実はあまり料理しない一人暮らしの男性にはそれすら敷居が高かったりするんじゃないだろうか。
材料の買い出しでさえめんどうくさくないですか。

そこで、なんとなく、自分がたまにつくる、手抜きがちの料理レシピを記していくことにしました。
自宅に材料があったら、ためしてみてください。

ちなみに、キッチンまわりが汚れているのは、ひとりぐらしの男のズボラ感の演出です。
演出ですよ?

では初回は、「ほぼペペロンチーノ」です。

所要時間

12分くらい。

材料費

1食分、50円くらい。

1人前の材料

ほぼペペロンチーノ 材料
・パスタ(1.6mm-1.8mm)くらいの100g
・輪切りの鷹の爪
・チューブのおろしにんにく
・オリーブオイル
・塩

なかったら100円ショップとかコンビニで買えます。基本はそれです。
にんにくは、スライスしたチップのとかでも良いですが家にあったがチューブのだったのでそれにしました。

パスタを茹でる

ほぼペペロンチーノ パスタをゆでる
たっぷりのお水に塩をガッツリ入れて、パスタを茹でましょう。
塩はもうてきとうにワイルドに。ひとつまみくらい入れていいです。
ゆで時間はパスタの袋にかいてあるのより-1分くらいで。
8分てかいてたら、7分ゆでてお湯からあげてください。

塩でゆでただけのパスタもわりといけるので、それでいいひとはここで完成です、おめでとうございます!

ソース?をつくる

ほぼペペロンチーノ オリーブオイルと鷹の爪、にんにくを熱する
フライパンにオリーブオイルを大さじ1くらいひいて、超弱火で熱します。
そこに、鷹の爪をひとつまみ、チューブのにんにくをちょびっとです。
で、軽くまぜつつ2〜3分くらい熱します。

火が強いとにんにくと鷹の爪がこげてまっくろくろすけなので、注意です。

パスタを投入する

ほぼペペロンチーノ パスタを投入する
お湯を切ったパスタを火のついたフライパンに投入します。
弱火のまま、長い箸とかでオイルとパスタを適当にからめましょう。

「いい感じにからんだ!」とおもったら、火をとめてお皿に盛ってください。

できあがり。

ほぼペペロンチーノ できあがり。
はい、できあがり。めんどくさいので鷹の爪はとりのぞかなくていいです。

家に材料があったら、今晩、つくってみてください。

ほぼペペロンチーノ、でした。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。