F-05Dのアートカメラ機能をためす

  • ブックマーク
  • Feedly

※この記事は、ARROWS X LTE F-05Dを徹底レビューするケータイ会議9のモニター記事です。

F-05DはAndroid端末なのでAndroidマーケットからインストールしていろいろなカメラアプリをつかうこともできるのですが、標準でもアートカメラ機能がついています。

アートカメラ機能は、撮影した写真にいろいろなエフェクトをかけて楽しめる機能です。

ということで、自宅でいろんなフィルタをためしてみました。

スポンサーリンク

アートカメラを起動する

まずは、普通にカメラを立ち上げます。

F-05Dのアートカメラ
ここをひっぱるとメニューが出てきます。

F-05Dのアートカメラ
この写真みたいなアイコンを選ぶと、アートカメラのいろんなフィルタがでてきます。
アートカメラ機能のフィルタは、全部で11種類あります。

ビビッド、モノクロ、セピア、ダーク、アンカラフル、ソフトフォーカス、クロスプロセス、クロマキー、ジオラマ、トイカメラ、魚眼。

これらのフィルタは、効果の強弱をスライダーで調整することができます。
F-05Dのアートカメラ
そんなに細かくではなく、クロマキーが5段階(というかカラー)、他が3段階です。

では、各フィルタで撮影したものをざざっと並べてみます。

ノーマル

DSC_0561.jpg
↑まずは比較用にアートカメラ機能無しで撮影した画像。これが基準です。

ビビッド

DSC_0568.jpg
題材はアレですが、ビビッドなカラーになります。

モノクロ

DSC_0590.jpg
モノクロな地獄のミサワ。

セピア

DSC_0589.jpg
ちょっと懐かしい感じの地獄のミサワ。

ダーク

DSC_0572.jpg
ちょっと重々しい空気の地獄のミサワ。雰囲気があります。

アンカラフル

DSC_0587.jpg
彩度の低い地獄のミサワ。

ソフトフォーカス

DSC_0580.jpg
やわらかい感じの地獄のミサワ。
名言がちょっとぼやけてしまいました。

クロマキー

DSC_0575.jpg
クロマキー効果の地獄のミサワ。
特定の色だけ出すことができます。
この写真では、真ん中のひとのシャツだけライトグリーンになっています。

クロスプロセス

DSC_0576.jpg
クロスプロセスなミサワ。
発色が特徴的なフィルタですが、この作例だとあまり分からないですね。すみません。

トイカメラ

DSC_0581.jpg
トイカメラ風のミサワ。それっぽいですね。
正方形で撮影できたらなお良いかも。

ジオラマ

DSC_0583.jpg
ジオラマ風のミサワ。素材がフィギュアなのでまあそもそもジオラマっぽかったですね。

魚眼

DSC_0584.jpg
魚眼のミサワ。ペットとかとってみたいです。

今回は室内で同じ被写体で撮影したのみですが、被写体によってはF-05Dのみでかなり面白い作品ができそうです。
アプリをインストールせずとも、端末買ってカメラ立ち上げてすぐ遊べる機能、としてはけっこう面白いんじゃないでしょうか。

それから、アートカメラ機能に限らず、ケータイ会議メンバーがARROWS X LTE F-05Dで撮影した写真が以下のFlickrにじゃんじゃんアップされていますのでカメラ機能が気になる方はぜひ参考になさってみてください。

Flickr: F-05D

ARROWS X LTE (F-05D) ブロガー徹底レビューまとめサイト
ARROWS X LTE (F-05D) ブロガー徹底レビューまとめサイトへ

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ねんざB

ねんざB

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

関連コンテンツ