F-05Dのベンチマーク結果(Smartbench 2012で測定)

※この記事は、ARROWS X LTE F-05Dを徹底レビューするケータイ会議9のモニター記事です。

現在、モニターしているF-05Dですが、使用感としては、動作がきびきびしていて早いと感じています。
実際の処理速度、客観的な数値はどうなのだろうと思って、ベンチマークソフトで測定してみました。

利用したのは、Smartbench 2012という、Androidアプリです。

Smartbench 2012 – Android マーケットのアプリ

スポンサードリンク

F-05Dのベンチマーク結果(Smartbench 2012で測定)
↑起動すると3Dグラフィックなどが表示されて速度を測定してくれるアプリです。

まずは比較用に、F-12Cという端末から測定してみました。

F-12Cのベンチマーク結果(Smartbench 2012で測定)
緑色の帯(Productivity Index)が端末の全体的な処理速度、赤い帯(Gaming Index)は、3Dグラフィックなどの描画処理の速度を示すようです。

F-12Cのベンチマーク結果

Productivity Index: 640
Gaming Index: 2163

でした。

つづいて、F-05Dを測定してみます。

F-05Dのベンチマーク結果(Smartbench 2012で測定)

F-05Dのベンチマーク結果

Productivity Index: 2826
Gaming Index: 1835

グラフィック性能については、F-05Dより少し下回る感じですが、全体的な処理速度は、F-12Cの4倍以上のスコアが出ました。さすが高性能デュアルコアCPUを搭載ですね。サクサク軽快に動作してくれるわけです。

他のメーカーの端末が手元にないのでそれとの比較はできませんが、ご参考までに数値をあげておきました。

今日はそんなところで。

ARROWS X LTE (F-05D) ブロガー徹底レビューまとめサイト
ARROWS X LTE (F-05D) ブロガー徹底レビューまとめサイトへ