【試す方は自己責任で!】F-12Cをアップデートしたら起動しなくなったので自力で初期化してみた

前回、F-12Cのソフトウェアアップデートを実行したら、F-12Cが起動しなくなってしまいました。

docomoショップに持ち込まないと復旧が難しそうに思われたのですが、けっきょく端末を初期化されるらしい、とのこと。

そこへ、twitterでF-12Cのファクトリーリセット(工場出荷時に戻す)の方法を発見しました。
責任は取れませんので、真似される方は自己責任でお願いしますね。

スポンサードリンク

やり方は、わりと簡単。

▼MENUボタン、戻るボタンを押しながら、電源ボタンを長押しして電源を入れます。

▼すると見慣れぬ真っ黒の画面に!

音量のボタンでカーソルの上下、ホームボタンが決定ボタンです。これで操作します。

「factory data reset」を選択して、ホームボタンを押します。えいやあ!

▼次の画面です。Do you want to continue?

まだ、この段階なら引き返せます。引き返すなら今のうちです。

進む場合は、Yesを選択してホームボタンをエイッ。

▼すると再起動が始まります。まずは真っ暗画面。

▼おやおや、さきほどとなんだか様子が異なるぞ、、、、

▼見慣れた富士通のロゴがでてきて、、、、

▼おや、、、、、これは、、、

▼起動したー!やったー。

無事に工場出荷時状態で起動することができました。

設定などは、初期化されてますけどね。

これから復元作業です。

気になっていたのは、モバイルSuicaのデータなのですがこちらはアプリをダウンロードして復旧作業を行うと、無事に復旧できました。

ただし、ファクトリーリセットについては、失敗した際にどうなるかわかりませんし、責任も取れません。

当ブログは、ケータイ会議というイベントに参加していますが、メーカーやキャリアが勧めている方法でもありません。

繰り返しになりますが、試される方は自己責任でお願いしますね。

F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。