LGの3DTVは寝転がっても3D。

6月15日に開催された「3Dの感動映像を体験!!LG 新製品3DTV タッチandトライイベント」に参加してきました。

LG Electronics Japanでは、今月末に、NANO FULL LED LZ9600、CINEMA3D LW5700という新機種の発売を予定しているそうで、その体験イベントでした。

スポンサードリンク

LG Electronics Japan 株式会社 土屋さん
映像機器評論家の西川善司さん

イベントでは、LG Electronics Japan 株式会社の土屋さんから、新しく発売されるCINEMA 3Dについての特徴説明、映像機器評論家の西川善司さんによる3DTVについて考察するプレゼンテーションがありました。

今回のCINEMA 3Dは「FPR方式」というものらしく、これまでの3DTVの「アクティブシャッター方式」と比べて色々なメリットがあるようです。難しいことは、詳しいLGのWebサイトと他のブロガーさんのレポートにお任せしますw

ぼくは西川さんのお話の中で、映画館で数百円で買える3DメガネもFRP方式のものなら3DTVで使えますよ、わざわざ買わなくてもイイかも知れません、というのが印象的でした。

いざタッチ and トライ!

で、ここからが広い会場を歩き回ってのタッチandトライのお時間です。
実際のCINEMA 3Dの特徴を体験することができましたよ。

なんだか3Dメガネがすごそうだ

CINEMA 3Dを観るときにかける3Dメガネです。

3Dの感動映像を体験!!LG 新製品 3DTV タッチ and トライイベント

アクティブシャッター方式の3DTVだと、電子回路を備える必要があるそうですが、FRP方式の場合は、メガネにフィルムを貼ればいいのでメガネのデザインとかもわりと自由にできるそうです。

3Dの感動映像を体験!!LG 新製品 3DTV タッチ and トライイベント

そして、なにより軽い!業界最軽量の16.5gだとか。メガネが重いとつかれそうなので軽いに越したことはないですね。

3Dの感動映像を体験!!LG 新製品 3DTV タッチ and トライイベント

また、チラつきを押さえた3DTVということで、TÜVやINTERTEKといった第三者の評価機関にも認められているそうです。
チラつきが少なくてメガネが軽いと従来よりだいぶ疲れにくいかな?

いろんな角度から楽しめる

FRP技術と、「新IPS液晶」の採用で、CINEMA 3Dは広い角度から3D映像が楽しめるそうです。

3Dの感動映像を体験!!LG 新製品 3DTV タッチ and トライイベント

真正面からTVを観た場合、普通に3D映像が楽しめるのですが、従来のものだと寝転がったりして角度がつくと3D映像が正しく観られなかったそうです。こちらの写真のように角度がない場合には、両者の差はないようですね。

3Dの感動映像を体験!!LG 新製品 3DTV タッチ and トライイベント

↑こちらの写真でわかるように、従来の方式の3DTVでは、寝転がった状態などだと観づらかったようです。
CINEMA 3Dだと、寝転がっても平気!だそうですよ。これは写真でもけっこう差がわかりますね。

3Dの感動映像を体験!!LG 新製品 3DTV タッチ and トライイベント

「リラックスしてお楽しみください。」

3Dの感動映像を体験!!LG 新製品 3DTV タッチ and トライイベント

↑めっちゃリラックスして楽しんでいるブロガーのひともいました。
こんなにリラックスしてても楽しめるみたいですよ。

0.88mmは薄い!

3Dの感動映像を体験!!LG 新製品 3DTV タッチ and トライイベント

会場に、NANO FULL LED LZ9600という新機種が置いてありました。

3Dの感動映像を体験!!LG 新製品 3DTV タッチ and トライイベント

こちらのデザインがシンプルでなかなか素敵でした。

3Dの感動映像を体験!!LG 新製品 3DTV タッチ and トライイベント

iPhoneよりも薄いよ!わずか0.88mm。

3D映像の迫力もすごかったのですが、LGのTVのデザインにも魅かれたイベントでした。
後日、抽選で3DTVのモニターもあるようなので、当選したらいろいろレビューしてみたいと思います。

2 Comments

現在コメントは受け付けておりません。