ファミ詣2011に参戦してきた

  • ブックマーク
  • Feedly

昨年はじめて遊びに行って、すごく楽しかったので今年もいってきましたファミ詣(ふぁみもうで)。

ファミ詣は、毎年年明けに開催されているDJ、VJ、ライブパフォーマンス、ファミコン大会でなる8bit系のクラブイベントです。まあ、ファミコン祭りです。

ケータイで撮影した写真をざざっと並べただけの雑なレポートですが、よろしければどーぞ。

スポンサーリンク

場所は、吉祥寺のSTAR PINE’S CAFE。24時から開始です。ぞくぞく人が集まってきました。

イベントが始まると、DJ smallest、DJマスカット大統領のDJタイムと平行し、ファミコン大会の1次予選。

ちいこい画面に向かって、スーパーマリオブラザーズの1−1−タイムアタック。
ファミコンは、そこそこ腕におぼえがあるぼくも参加しましたが途中のクリボーにやられてあえなく敗退。
久しぶりのマリオと慣れないコントローラがもどかしい、運動会で足がもつれるパパの気分です。

最初のライブは、 8bitサウンドをバックにヴォコーダーで歌い上げるSEXY-SYNTHESIZER
ワナワナとのっけから盛り上がります。

つづいて、宇宙エフェクトサックス?&変態パーカッション?のKPLECRAFT(プレクラフト)。
ぼくは陣取った位置が悪く、パーカッションの暴れっぷりが見えなかったのがちと残念。

で、スモール出版DJ課あーんどファミコン大会2次予選となります。

みんなご存知ドクターマリオ。
ドクターマリオの曲だいすき!

ファミ詣、初参戦のCRAFTWIFE+KASEO+(クラフトワイフカセオプラス)。
「iPhone片手にオンガク奏でる奥様・Craftwifeと、 日本が誇るサーキットベンダー・Kaseo、そしてビジュアルを操る・sy8によるスペシャルユニット。」だそうです。

ファミコンを改造したギター?がかっこいい。光りまくり。

メインMCのSmallestさんも参加するCONSUMERS
写真では分かりませんが、どわっとひとが前に押し寄せてきました。

DJ Magiqueのプレイと平行でファミコン第3次予選開始。
スパルタンXでスコアアタック。パンチやジャンプキックで敵を倒したほうが高得点。

ライブのラストは、Omodaka
DS Lite、PSP、ゲームボーイ、カオシレーターとかいうタッチパネルのシンセサイザーを使ったパフォーマンスを披露してくれます。

途中で、PSPでの演奏を披露しようとして観客に画面を向けているまさにその場面でPSPのバッテリーがきれるというアクシデント。これに、会場の男性が「これつかってください」とPSPのバッテリーを差し出すというほんわかする場面も。

Omodakaさん、セッティングしなおしている間に、PSPのバッテリーを貸してくれた男性が「パックマン」をプレイしてその音で、ライブの間をつなぐというのが、いかにもファミ詣らしかったです。

そして、いよいよファミコン大会準々決勝。

予選は、会場の隅でしたがここからはステージ上でたたかいます。

ゲーム大会は、DJ Smallestさんおよびブルボン小林さんの解説つきで行われます。

セッティングトラブルでしばしの中断。ライブ感たっぷりw

準々決勝は、アタリ社の「マーブルマッドネス」。自機は球体で、ゴールまで転がすゲーム。
国内では、メガドライブとかで発売されていたようですがファミコンではでてなかったみたいで、今回はNES版のソフトを使用。これくるとか予想できませんw

準々決勝で、勝ち残った4人は「影の伝説」で勝負。
4分間で、先のステージまですすんだひとが勝ち。同ステージならスコアが高いほうが勝ち。

決勝は、ギャラガのスコアアタック。
しかし、通常のコントローラではなく、「パワーグローブ」でたたかわなくてはいけないルールw

パワーグローブ、実物ははじめて見ました。
決勝を制したのはG30さん。新チャンプ、おめでとうございます!

といった感じで、ファミ詣2011が終了。
自分の体力が衰えてて途中少しガクッと落ちそうになったけど楽しかったなー。

来年もぜひ参加したいですね。

ファミ詣 公式

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ねんざB

ねんざB

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

関連コンテンツ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin