衝撃の不意打ちストパー、古文の大田。【せんせい、お世話になりました】

スポンサーリンク

学生時代にお世話になった先生に、ブログでお礼を言っていく企画を思いつきで始めることにしました。
まあ本人の目に触れることがあるかといえばほぼないと思うんですが、勝手にやっていきます。
どれだけ続くかわかりません、一回で終わる可能性もありますがまあやってみます。

高校の古文でお世話になりました。大田先生へ

大田先生、お元気ですか、

先生は、いつも色が黒かったですね。
たしか部活では漕艇部(ボート部)の顧問をやってたと思います。それで焼けていたんでしょうか。
「競技人口が少ないからすぐにインターハイに行けるぞ、おまえら入らん?」と授業の合間の勧誘が懐かしいです。

衝撃のふいうちストパー


普段は、天然パーマのくりっとした髪の毛でしたけど、あるとき突然ストレートパーマをあてて直毛で学校に現れましたね。
あれは、ふいうち過ぎで吹きました。不意打ちすぎてみんな何も突っ込めなかったです。
それからというもの、髪の毛のくせが元に戻っては突然ストパーかけて現れる、という何ヶ月かに一度のサイクルがもうお約束のようにぼくら生徒の中にも浸透していました。

ストパーを通じて、先生の大事な教え、しかと心に焼き付けました。

「歴史は繰り返す」。

お世話になりました!

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。