正直、すまんかった、Eye-Fi。ぼくの買わず嫌いでした。

スポンサーリンク


アイファイジャパン株式会社さんからのご案内にて、「Eye-Fi X2」カードをモニタさせていただいております。

http://www.eyefi.co.jp/

ちょっと普通のSDカードよりも値が張るしなあ、と買わず嫌いでしたが間違ってましたごめんなさい。便利すぎます。

Eye-Fiメモリーカードとは?

Eye-Fiメモリカードは、デジカメ等で利用できるSDカードです。
通常のSDカードと異なるのは、無線LANを使って写真をパソコンやウェブ上にアップロードできるという点です。

これは実際に使ってみて激しく便利だと実感しました。

デジカメにカードを入れて写真を撮るだけ。アップロードは自動で。

Eye-FiメモリーカードをSDカードとしてセットしたデジカメで写真を撮って自宅でデジカメの電源を入れておけば、勝手に普段使っているMacに転送してくれます。これまではUSBケーブルでデジカメとMacを接続していちいち写真を読み込んでいたのですが、この手間がなくなったのはかなり大きいです。

もちろん最初にMac側の設定は必要なのですが付属のセットアップガイドを見ながらサクッと設定できました。

↑付属のカードリーダーにSDカードをセットして、Macに接続。
設定用のソフトウェアがSDカード内に入っているのでそれを起動してかんたんにセットアップ。


↑セットアップ画面もイラスト付きでわかりやすいですよ。

Eye-Fi Viewも無料で使える

撮影した写真を知り合い等にみせたい場合にはEye-Fi Viewというサービスが利用できます。Eye-Fiメモリカードのユーザーは無料です。
普段からオンラインの写真共有サービスをつかっていない方にはうれしいかも。


↑Eye-Fi Centerというアプリケーションから友人・知人にみせたい写真を選択すると写真が公開されるURLが生成されます。


↑オンラインのメールサービス等から、写真を見せたい相手にメールでURLを通知できます。


↑メールで通知されたURLにアクセスすると、こんな感じで写真のサムネイルがみられます。これはケータイでアクセスしたところ。


↑サムネイルをクリックすると大きな写真も観られます。
ケータイから画像の保存もできます。
ケータイからみると、画面のメニューなどが少し表示が崩れてはいますがページ送りなどの操作は問題ありません。


↑iPhoneでも閲覧してみました。こちらはサイトの表示が最適化されているみたいですね。


↑もちろんPCからも観られます。PCからだと写真の一括ダウンロードも可能ですね。

ただし、アップロード後7日間しか保存されないので、メールを送った相手方にはその旨お知らせしておく必要がありますかね。


↑Eye-Fi View経由でメールを送る際に、文面は写真のような文章が自動でフォルトで挿入されます。ただし、メール送信時に編集は可能です。デフォルトで「閲覧期限は○月○日○時です」のような文言が入ってくれていたら嬉しいですね。アイファイジャパンさん是非ともご一考をば。

Flickrにも自動でアップロードできるのが便利!

Eye-Fi Centerで設定しておけば、実はEye-Fi View以外のオンラインサービスに自動で写真をアップロードすることができます。
これも便利です。

↑Flickrをはじめこれだけのオンライン写真共有サービスに対応しています。

ぼくは普段はオンライン上では、Flickrを使って写真を公開することが多いです。
もちろん友達が写っていたりプライベートなものもあるので、全部の写真が自動的に全世界に公開されたら困ってしまいます。

しかし、Eye-Fi Centerでは、Flickrへのアップロード設定も細かく設定できるようになっています。

公開範囲を「Private」にしておいてアップロード、あとからFlickr上で個別に公開にする、というのが実用的でしょうか。

モバイルのアクセスポイントと組み合わせて、いつでもどこでもアップロード可能。

Pocket Wi-Fiだとかdocomoのケータイのアクセスポイントモード経由で写真をアップロードできるようにあらかじめ設定しておけば、自宅ではなくてもデジカメで写真を録った端から自動でオンライン上に写真がアップロードされていきます。モバイル無線ルータみたいなものを利用している人はこういった使い方も便利かもしれません。

まずは、Eye-Fi Connect X2 をオススメ!

現在、Connect X2、Explore X2、Pro X2と3タイプの製品が販売されています。上位製品のPro X2だとRAW形式の画像に対応していたり、PCに送るだけならアドホック通信で無線ルータすら不要だったりします。

これまでEye-Fiメモリカードを使っていなかったぼくですが、実際にConnect X2をモニタさせていただいて便利さに気がつかされました。

興味をもたれた方は、まずは低価格の Connect X2から試してみて、その便利さを味わってみることをオススメします。

対応デジカメもこちらから確認できますので購入の際は念のためお確かめください。

Eye-Fi Connect X2 4GB EFJ-CN-4G
B003M05LMM

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。