lenovo S10-3にお触りしてみた【レノボ S10-3 レビュー】

スポンサーリンク

AMN経由で、レノボのネットブック S10-3をお借りしております。

ThinkPad/IdeaPad 製品お試しキャンペーン | レノボ・ジャパン株式会社

今回お借りしたS10-3のカラーはレッドです。
ちょこちょこ触ったり、写真撮ったりしたのでブログに書いておきますよ。


lenovo S10-3
でーん。赤いノートパソコンかっこいいですね。
モノグラムというかチェック?の天板もおしゃれ。

大きさを手近なものと比べてみた

lenovo S10-3
色が似ていたDSiLL(ワインレッド)と比べてみたらこんな感じのサイズ感。

lenovo S10-3
どうせなので、通常のDSiとも比べてみる。

lenovo S10-3
iPhone3GSとの比較だとこんなサイズ感。

lenovo S10-3
普段使っているMacBook(13inch)と比較。
ふた回りくらい小さいですかね。
ネットブック自体をこれまで使ったことないんですけど、だいぶ持ち歩きやすそう。
バッテリー入れた重さが約1.25kgだそうです。
MacBookが2.3kgくらいあるから半分くらいですか。

lenovo S10-3
ideapadのロゴがかっこいいですね。
ドルビーサラウンドにも対応しているらしい。
OSはWindows7のStarterというWindows7の簡易版みたいなヤツです。

一体型タッチパッドはぼくはまだ慣れない(笑)

lenovo S10-3
一体型タッチパッド。
左右の点(・)の部分がそれぞれ左クリック、右クリックになっています。
触ってみたところ、この点のエリアはクリッカブルにもかかわらず、カーソルも左右上下に反応するため、Webサイトなどをみていてボタンをクリックするときにヌルッとズレてしまってきちんと押せないことが何度かありました。
ドラッグしたまま操作、というのもちょっと難しかった。
これは慣れが必要なだけかもしれませんが、決定ボタンとタッチパッドが別々のほうが誤操作は少ない気がします。

思っていたよりタイピングしやすかった

lenovo S10-3
キーは男性の僕の手にも大きく、打ちやすい。
ブログ書いたり、打ち合わせでメモをとったりでもスイスイ打てそう。

lenovo S10-3
なにが打ちやすいんだろうと思ったら、ひとつにはこの角度が付いている点でしょう。
ヒンジ部分が持ち上がっている形状で、角度がちょうどよくてタイピングしやすいです。

解像度は最大1024×600ピクセル

lenovo S10-3
画面サイズは、約10.1インチ。解像度は、最大1024×600ピクセル。

lenovo S10-3
ぼくのブログを見るとこんな感じ。
画面の高さが足りない感じもしますが、まあネットブックってこんなもんなんですかね。

以上、ざっくりレビューでした。
これまでネットブックは所有したことないのですが、最近はブロガーイベントに参加したり仕事でも客先で打ち合わせがあったりするので、S10-3みたいなネットブック欲しいな、と思いました。
ブラックは価格も4万円を切っていて手ごろですしね。

Lenovo Netbook IdeaPad S10-3シリーズ 10.1インチワイド液晶 ブラック 064797J
B0038U37T0

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。