【小ネタ】カップ焼きそばのキャベツがフタにつかない裏技

ときどき無性にカップ焼きそばが食べたくなります。

手軽に食べれるので便利ですよね。

そんなカップ焼きそばですが、湯きりしたときに、
具材のキャベツなどがフタにくっついてしまうことがありませんか?

私は貧乏性なので、「なんだかもったいないなー」とか思ったり。

そんなキャベツのくっつきを防ぐ方法です。

実は、みなさんご存知で知らないのは私だけだったのかもしれませんが
人から教えてもらってへぇってなったので紹介しておきます。

スポンサードリンク

今回は、ペヤング ソースやきそばを使って説明していきます。

ペヤングの中身

ペヤングの中身
ふたを開けると、スパイス、ソース、かやくが入っています。

今回のポイントは、かやくの入れ方です。

ペヤングかやく

よーくみてください。

「このかやくをめんの上にあけてから熱湯を注いでください」
とありますよね。

そうですよね。フツーは、そうしますよね。

かやくを入れる、その前に・・・

そば
かやくの袋をやぶって、麺の上にふりかけずに、まずは麺を持ち上げて
裏返したフタの上にでもよけましょう。

麺をもちあげてかやくをいれます
そして、麺を取り出した容器のなかにかやくを入れてしまいます。

かやくを麺の下にいれます
このかやくの上に、麺をのせ、お湯を注ぎます。

さきほど、「このかやくをめんの上にあけてから熱湯を注いでください」という
表記を見ましたが、完全に逆をいきます。

お湯を注いで3分経ったら、湯きりをしてふたを開けてみましょう。

ペヤングのフタ
ほら、キャベツついてない!

この方法は、ペヤングでなくても、かやくが別の袋に入っているカップやきそばで
使えます。(日清やきそばUFOは、具材が別袋ではないのでNGです)。

フタが綺麗だと、ほんのちょっとだけ気分がいいですよ!

ペヤングを食べる機会があるときに、一度試してみてはいかがでしょうか