バカすぎて、かっこいい。「男子」梅 佳代

梅 佳代 という写真家をご存知でしょうか?

私は、ほぼ日の「うめかよ参上!」という連載で彼女の存在を知ることとなりました。

以下Wikipediaより引用。

梅佳代(うめ かよ、1981年3月23日-)は石川県鳳至郡柳田村(現鳳珠郡能登町)出身の日本の写真家。 高校卒業後、日本写真映像専門学校に入学し大阪に住む。同校卒業後は東京を中心に各地で活動を展開している。
日常の中のユーモラスな瞬間を切り取るのを得意とする。
写真新世紀にて「男子」と「女子中学生」で、佳作を2回受賞。2002年『美術手帖』の写真表現特集で、注目の写真家として取り上げられる。東京をはじめ、パリ、ロンドン、タイで展覧会を開催し、海外でも高く評価されている。最近はミュージシャンや俳優などにもファンが多い。
愛用のカメラはキヤノンEOS5。基本的に標準レンズ、プログラムモードのみで撮影する。

スポンサードリンク

写真集「男子」、「うめめ」を手に入れてみたのですが、
どちらもバカでカッコいい男子の魅力がぎっしりと詰まっていました。

笑って和める写真集たちです。

私も、昔はこんなバカでカッコいい男子だった(?)時代を
ふと思い出し、心がふがふがほかほかした気持ちになりました。

梅佳代さんの作品に興味を持たれた方は、是非、一度、写真集を手にとってみてください。

もしくは、一部の写真であれば、「ほぼ日刊イトイ新聞ーうめかよ参上!」にて、見ることも出来ますよ。

そうそう、Wikipediaを見ていたら、こんな記述も。

サイン会に足を運ぶほどネイチャージモンのファンで、「ヴォーグ・ニッポン」2008年1月号では「2007年一番好きな本・映画」に「世界偉人伝 ネイチャージモン」(白夜書房刊)を挙げている。

ネイチャー・ジモンとは、なかなか良い趣味していますね、梅佳代さん。

「世界偉人伝 ネイチャー・ジモン」はまだ読んだことがないので
今度読んでみたいと思います。