部屋ん中でどっかいっちゃったiPhoneを「Misfit SHINE2」で探す

スポンサーリンク

腕などに身につけて、睡眠時間や活動量を手軽に記録できる「Misfit SHINE2」。
(以下、「SHINE2」)

今年の2月にモニターとしてご提供いただいて、毎日ずっと身につけて主に睡眠記録をとるのにとても役立っています。

どんな製品かというのは以下の記事をご参照ください。

さて、初代「Misfit SHINE」にはなかった機能なのですが、「SHINE2」にはリモートコントロール機能が搭載されています。

部屋の中でどっかいったiPhoneを「Misfit SHINE2」で探す

予めスマートフォンで設定しておけば、「SHINE2」をタップするだけで、音楽アプリを操作したり、カメラのシャッターをきって自撮りしたり、いくつかの操作ができるようになっているのです。

「電話を鳴らす設定」にすると超便利

ぼくが設定したのは、「SHINE2」を3回タップすると「電話を鳴らす」という設定にしました。

ぼくは部屋の中でよく

iPhone、どこに置いたっけな・・・?

となることがあるんですよ。

そんな時に腕に巻いた「SHINE2」をチョンチョンチョンっとタップしてあげると、iPhoneの着信音が鳴りはじめるので、音の方向でどこに置いたか分かるってわけです。

わかりやすいように動画にしてみました。

電話を止める時も三回タップ。(二回タップにしたり長押しにしたり、と操作設定は変更できます)

この記事ではiPhoneですが、Androidでも利用できますよ。部屋の中でスマートフォンをどこに置いたかわからなくなる人にはありがたいですよねー。

今回ぼくが使っているのは高性能な「SHINE2」ですが、「SHINE2」の半額以下で購入できる「Misfit Flash」でも同様の機能がついています。Misfit使ったことない方は廉価な「Flash」を選ぶのがいいかもしれません。

「睡眠・活動量を記録できる」だけでなく、「部屋の中でスマートフォンを探せるようになる」ところが、Misfitを使っていて便利だなあ、と思っています。オススメですよ。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。