口が臭くなってもまた食べたい!「ガーリック x ガーリックトースト」が超旨い

ガーリックトースト
スポンサーリンク
001

先日、このブログでランチを紹介した、にんにく料理の「ガーリック✕ガーリック」。

ランチもすごく美味しかったのですが、夜に来るともっとすごいものが食べられると聞いて、友達と行ってきました。

写真+ひとことでレポートしますね。

金曜日の渋谷の夜ということもあり、店内は満席。予約しておいてよかった。

002

にんにく料理のお店だけあって、まあほとんどにんにくを使ったメニューです。

003

この「ぴちょんくん」みたいなマークが「にんにく度」を表しています。これが多いほど、にんにくが使ってあると。

004

これは、お冷や。ではなく、ガーリックドリンク。炭酸に、よく見るとガーリックのかけらが浮かんでいます。フードだけでなく、ドリンクもガーリックが入ったものが多いのが特徴的です。

どんどん食べていきますよ!

005

お通しのマッシュルームもガーリックオイルで。

007

ガーリック・シュリンプ。エビ!エビ!ガーリック!エビ!

008

にんにく丸揚げ!

009

剥いてそのまま食べます。あま〜い!ぜんぜん辛くない。

010

レギュラーメニューには載ってない、ベーコン1本焼き。

012

コレナイ豚のパテ・ド・カンパーニュ。右下のドロッとしたのは、なんとガーリックジャム。

013

ジャムを付けて豚のパテを頂きます。にんにくジャム、まるでりんごジャムみたいな味わいでとっても甘くておいしい!豚のパテとの相性も抜群。旨いなー。

018

ガーリックポテト。これもにんにくまみれなんですけど、どれもこれもにんにくまみれなので、このポテト自体がでっかいにんにくに見えてきた。ほっくほくでうんまい!

016

これもメニュー外かな。アンチョビとガーリックのピザ。ガーリック、まるごと乗っかってます。

014

ガーリックステーキ!肉々しいぞー。

ガーリックチップが乗っかっていて、ソースを掛けていただきます。うん、間違いない。

015

お肉の下にはキノコのガーリックソテー。おいしいのの下から、おいしいのがでてくるとかほんとズルい。

011

でました、超ガーリックライス。ランチメニューで、ふわっふわのガーリックライスがあるんですが、超ガーリックライスはさらに丸揚げにんにくが大量にゴロゴロ乗っかっています。これも甘いにんにくと調度よい塩気のガーリックライスが抜群においしい!

で、一番衝撃を受けたのがこちらのメニュー。「ガーリック✕ガーリックトースト」。

006

すりおろしたニンニクがこれでもか!これでもか!っていうほど乗っかってます。見た目がまずスゴイですが、これがめちゃくちゃおいしい。
こんなにニンニク乗ってて辛くないの?って思いそうですが、全然辛くない。カリッとしたトーストにしっとりあま〜いガーリックがたくさんのってて、これまでに食べたことのないガーリックトーストです。

なんでこんなことができるかっていうと

こちらのお店では青森県の田子町(たっこちょう)というところのニンニクだけを使っていて、この田子町のニンニクがめちゃくちゃ甘くて美味しいんです。手に入りやすい中国産のニンニクとかだと、からくてガーリックトーストにあんなにのせられないとか。

こちらの「ガーリック✕ガーリック」、料理全体的においしくて雰囲気も良いのでぜひ一度味わってみて欲しいです。ただ、間違いなく翌日はお口が臭いと思うので、次の日に仕事がない金曜の夜とかに予約していくとかすればいいとおもいます。

今回は4人で訪れ、ワインのボトル二本あけ、これでもかというほどに料理を注文して、一人あたり7,000円弱でした。たぶん普通にデートとかディナーで行くと4~5,000円ってところじゃないでしょうか。

そうそう、メニューによってはニンニク料理を手づかみでワシャワシャと食べることになるので、お口だけでなく手やそれを拭いたオシボリも強烈なガーリック臭を放ちますので、取り扱いにご注意くださいね。

017

おいしかったです、ごちそうさまでした!

———————————-
にんにく料理 ガーリックガーリック
Tel : 03-5478‐2029
〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-26-2 1F
ディナー: 17:30−23:00(ラストオーダー: 22:30)
ランチ:12:00〜14:30(ラストオーダー: 14:00)
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は翌日)
———————————-

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

ガーリックトースト