防水スマートフォンF-12Cを片手に鬼怒川ライン下りを楽しむ

スポンサーリンク

防水コンパクトスマートフォン F-12C 徹底レビュー Sponsored by Fujitsu
ケータイ会議にてモニタ中のF-12Cについての記事です。

先日、鬼怒川温泉に旅行に行ったのですがその際、鬼怒川のライン下りを体験しました。

鬼怒川ライン下り

その様子を、モニター中の防水スマートフォンF-12Cで撮影した写真と動画でご紹介しますね。

▼鬼怒川温泉駅から歩いて数分のところにライン下りの乗り場はあります。
鬼怒川ライン下りの入り口。看板。
料金は、大人は1人2,500円。ネットで事前に予約しておくと、2,300円に割引となります。

▼中へ入ると、芸能人などのサインもたくさん飾ってありました。わりと有名なスポットのようですね。
鬼怒川ライン下り。芸能人などのサインもたくさん。

実際の鬼怒川は受付よりも10~20メートル下にあります。
受付を済ませた後は、河辺まで階段を下り、そのあと坂道を降りていきます。
途中にトイレがあるのですが、
鬼怒川ライン下り。ここが最後のセーブポイント。
「これより下は、トイレがございません。」という文字にが、ラスボス手前のセーブポイントを彷彿とさせます。
オラ、ワクワクしてきたぞ。

鬼怒川ライン下り。河辺に船が停めてあります。
河原まで降りると、これから乗るであろう船が停めてあります。
出発時刻が決まっているのでそれまでは河原で待ちます。
平日でしたが家族連れやカップルなどの旅行客も多くいらっしゃいました。

▼救命具が無駄にセクシーなのが気になった(笑)
鬼怒川ライン下り。救命具が無駄にセクシー。

▼さて、いよいよ船頭さんに案内され、しゅっぱつしんこーです。
鬼怒川ライン下り出発です。

当日は、天気も良く水深もそんなに深くなく穏やかな流れでした。
しかし、ときおり水しぶきが激しい箇所もあります。

▼乗客みんなでビニールを掲げて水が船内に入ってこないように防御です。リフレク、マホカンタ!
鬼怒川ライン下り。みんなでビニールで水が船内に入ってこないように防ぐ

ライン下りの様子を動画を撮りたい!と思ったのですが、デジカメに水かかるのはこまる。
と、おもいきやぼくには防水のF-12Cがあるではないですか。

ベタな前置きをしつつ、F-12Cで鬼怒川のライン下りをしているようすを船の上から撮影してみました。
以下の動画になります。


F-12Cは、HD動画も撮影できるのですが、設定を変更しわすれてしまいVGAサイズの動画です。
まあライン下りの雰囲気はつたわるかな?

鬼怒川ライン下り。川岸から飛び込む人たち
途中、岸辺から飛び込む人たちに遭遇したり、動物のカタチをした岩などを眺めつつ川を下っていきました。
きもちいい!

この日はだいたい40分くらいで下り終えました。
天候や季節によって、水の深さが変わってくるので下り終えるまでの時間が異なります。
水がたくさんある時は20分くらいで勢い良く下れるそうです。

▼ライン下り終了。船を降りてバスで駅までまた登ります。
鬼怒川ライン下り。終了。

掲載している写真と動画はすべてF-12Cで撮影したものです。
船の上で不安定な状態でしたがそれなりに撮れたかな?
今回のような水あそびの場でも気軽に撮影できるところが、防水スマートフォンはいいですよね!

F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。